根、幹、枝葉を人間に例えると|自然栽培の教え

熊本県七城町 自然栽培米 ~安心安全の米を直送!

   

HOME > ■根、幹、枝葉を人間に例えると|自然栽培の教え■ 

矢印根、幹、枝葉を人間に例えると|自然栽培の教え

植物には
地上部(Top:幹&枝葉))と地下部(Root:根)の乾物量の比率をあらわす
T/R比という指標があります。

T/R = 地上部/地下部 ですので
この値が大きければ地上部が地下部より多いという事です。

植物にもよりますが
樹木では、T/R比 3~4が健全な状態と言われています。

つまり、樹木では
地上部:地下部 = 4:1 くらいが健全な状態というわけです。

さらに地上部の有機物量を見てみると
種類や樹齢にもよりますが、
幹:枝葉 = 3:1 くらいの関係になっています。
(参考:ヒノキ林における森林バイオマスについての幹-枝葉-根の関係)

つまり
根:幹:枝葉 = 1 : 3 : 1 となります。

根、幹、枝葉を人間に例えると

自然界は、私達人間に多くを教えてくれます。

私達人間も死を迎えれば
肉体は分解され、元素になり自然界に戻るわけですから
自然界にある物質で私達人間の体が構成されています。

自然界の物質と私達の体の物質は同じわけです。

そのため
私は、自然界の法則から、
私達人間がより良く生きるヒントを学べるのではないかと思っています。

さて、先程、植物の有機物量は
根:幹:枝葉 = 1 : 3 : 1 になると言いました。

この
根、幹、枝葉を人間の体に例えるとどうなるでしょうか?

根:目に見えない部分ですので”思考、感情、考え方”

幹:目に見える部分で”体”を現します。

枝葉:目に見える部分で”外部との接点。外部への行動、交流”。
枝を新しい空間に伸ばし、そこで外部との接点を持ち、吸収していくイメージです。

健全な樹木においては、その割合が
根:幹:枝葉 = 1 : 3 : 1となっています。

根、幹、枝葉を人間に例えてどう活用するのか

樹木や作物の成長ステージに応じて
T/R比の変化を見てみましょう。

1) 成長初期
成長初期においては、
まず根が伸びます。

縦に伸びる一次根を深く張っていきます。

この時の割合は、参考としてだいたい
根:幹:枝葉 = 5 : 3 : 2
(参照:暖温帯上部域広葉樹林に関する研究)

樹木、野菜等においても
播種後、まず根を伸ばすので、根の割合が多くなります。

つまり、
子供の頃は
まず目に見えない部分を大事にすると良いかもしれません。

考え方や思考、感情と
目に見えない部分を育てていき
徐々に外部との接点が広がっていきます。

その時も根がしっかりしていれば
多少のストレスでも枯れないでしょう。

農業おいては
土壌に肥料を多く施す方もおられます。

しかし、肥料が多いと根を伸ばす必要が無くなり
根量が減ってしまいます。
ある実験では、窒素施肥と窒素無施肥の根域(体積)を調べたところ
3倍以上も差があったようです。

水田においても
肥料を施していない自然栽培米の根っこの方が多くの根量が確認されています。

多くの肥料をあげ、甘やかすと
体は大きくなるのですが、根を張っていないので不安定になり
環境変化に弱くなります。

成長初期においては
親が何でも手を出してしまうより
ある程度子供にストレスを与えた方が、
目に見えない部分の根っこ(考え方、思考、感情)は
深く、幅広く伸びるということを指しているのかもしれません。

2) 成長中期

樹木でも樹齢を重ねていくと
枝葉の割合が多くなり生い茂ってきます。

もちろん根っこという土台はありますが
割合的には、枝葉の割合が多くなってきます。

つまり、
外部への接点が多くなる時ですね。
外部への行動を増やし交流する時です。

社会に出る事で、多くの人と接し
樹木が、二酸化炭素を吸って酸素を出すように
人間も、外部から吸収し、そして外部に貢献する。

枝葉は、あくまでも
外部との接点で、いろいろなことを吸収できるのですが
同時に幹を太くし、根っこも維持しておくことは大事ですね。

植物は、
枝葉を切っても生きていけますが
いきなり根を切ってしまうと生きていくのが難しくなります。

3)成長後期

さらに年を取ってくると
樹齢の高い樹木は、枝葉の割合が減り、幹の割合が増えます。

まさにこの時の割合が、
根:幹:枝葉 = 1 : 3 : 1ほどといえるでしょう。

樹齢の高い木々を見ると
しっかりした太い幹を持ち安定性がありますね。

ここまで来るとちょっとやそっとで枯れません。

枝葉もそれ以上増やすことなく新陳代謝のみして
根もそれ以上増やしていませんが新陳代謝しています。
その力を入れる割合は、それぞれ20%ずつくらい。

幹は人間でいう体を指していますが
その人自身の器を指していると思います。

まとめると
成長初期は、目に見えない部分(考え方、思考、感情)を大事にして育んでいき
成長中期からは、外部との接点から経験を積み、成長し、自分の器を大きくしていく。
成長後期は、変化は少ないが、考え方も外部との接点も新陳代謝をする。

植物の在り方は、
人間の在り方のヒントになるかもしれません。

熊本県の自然栽培歴5年以上の自然栽培米はこちら



HOME - ■商品一覧■ - ■お客様の声■ - ■プロフィール■ - ■なぜ七城米■ - ■おいしい米情報■

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ - 送料について - お支払いについて