自然栽培米 旭×亀の尾|命を養うお米を作る永岡 正

熊本県七城町 自然栽培米 ~完全無農薬・無肥料栽培のお米を直送!

HOME > ■自然栽培米 旭×亀の尾|命を養うお米を作る永岡 正■

自然栽培米 旭×亀の尾|命を養うお米を作る永岡 正

永岡自然栽培米永岡 正

命を養うお米を作る自然農法家
永岡 正 (ながおか ただし)
自然栽培歴:11年

生産地:熊本県玉名郡

1994年:農薬・化学肥料不使用の栽培を開始
2006年:農薬・肥料(化学・有機)不使用の自然栽培を実施
全面積農薬・肥料不使用の自然栽培米にこだわる米農家

平成29年度永岡自然栽培米【旭×亀の尾】年間契約受付開始!

【平成29年度産 熊本県 永岡自然栽培米【旭×亀の尾】】

永岡自然栽培米年間契約
※発送期間:2017年10月末 - 2018年5月末

矢印自然農法の農作物に命を救われた米農家

永岡さんは、小さい頃から体が弱く、
肝臓病等を患い、20歳までの命と言われていたようです。

体が弱って自由に動かない時に
自分の体を強くしたいという一心で
断食を経て自分の口に入れる食べ物にこだわっていきました。

その時に出会ったのが
自然の力で育てられた自然農法で作られた農作物でした。

自然農法産物を食べ続けたことで
徐々に自分自身の体調が改善されていき
自分の体を通して、一つ気付いたことがありました。

それは、

「主食のお米こそ、人間の自然治癒力を上げることができる」と。

矢印自分が食べれる本物の食べ物を作りたい

25年前は、なかなか良い自然食品が手に入らず苦労しました。
それならば、自分で自分が食べれる農作物を作ろうと思い立ち
23年前に自然農法でお米作りを開始しました。

現在では、農薬も肥料(化学・有機)も使用しない自然栽培米作りに邁進し、
弱くて病気がちだった体も年々強くなり
今では、グローブのような手になり、
食べた人の体が元氣になり活力に溢れるお米作りを目指しています。

永岡さんの手のひら

【目次】

1. 永岡自然栽培米【旭×亀の尾】の4つの特徴

2. 永岡 正さんの自然栽培米【旭×亀の尾】の水田

3. 【旭×亀の尾】の発芽

4. 永岡自然栽培米【旭×亀の尾】をお届けいたします

【永岡自然栽培米【旭×亀の尾】の4つの特徴】

自分の体を通して
体に入れる食べ物の大事さを分かっている永岡さんは、
自然栽培米【旭×亀の尾】を通して、多くの方に
自然の力で育った本来のお米を味わって頂きたいと思っています。

永岡自然栽培米【旭×亀の尾】は、
下記の4つの特徴がございます。

1. 農薬一切不使用
2. 肥料(化学肥料・有機肥料)、その他資材一切不使用
3. 日本人の体に合う昔のお米(旭・亀の尾)の特性を持つあっさり系のお米
4. 主食のお米の大事さを体で分かっている永岡さんが心を込めて作りました

永岡さんのお米の大きな特徴は
昔の品種特性を持つ旭と亀の尾を掛け合せたお米を栽培していることと
自分の体を通して、主食のお米の大事さを分かって育てていることにあります。

旭×亀の尾

永岡さんは自分が食べれる本来のお米を追求した結果
自然栽培米に辿り着きました。

農薬を一切使用せず
肥料(化学・有機)、その他資材を一切使用せず
自家採種を続けることで純粋なお米を作り続けてきました。

永岡さんが栽培しているお米は、【旭×亀の尾】です。

長い間、ヒノヒカリを栽培してきましたが
【旭×亀の尾】を食べた時に
”このお米を作る必要がある”と感じたようです。

永岡さん仰るには
「【旭×亀の尾】は、始めはあっさりとして、物足らないなと感じていたけど、食べ続けると、自分の体がこのお米を求めているのが分かり、これほど食べたいと思ったお米はない」と。

お米は、元来、日本人にとってパワーフードでした。

昔のお米の特徴を引き継ぐ
【旭×亀の尾】には、お米本来の力があるではと思っています。

主食のお米を食べることで
体に活力が出てきて、
元氣になるようなお米をお届けしたいと思っています。

永岡 正さんの自然栽培米【旭×亀の尾】の水田

永岡 正さんは、
農薬・肥料不使用の自然栽培歴11年目の自然栽培米農家です。

永岡さんは、ご自身の体を通して
主食のお米の大事さを体感しているため
農薬や肥料を使用せずに自然栽培で育てています。

永岡さんが現在、栽培している【旭×亀の尾】は
明治時代には
西日本の旭、東日本の亀の尾と言われ
あっさり系で食味も良好だったため広く栽培されていました。

しかし、旭、亀の尾ともに肥料を使用すると稲が倒れるため
戦後、多収を目的とし肥料使用が普及した水田には合わず
栽培する者はほとんどいなくなりました。

永岡さんは、【旭×亀の尾】を
農薬・肥料を使用せず昔ながらの方法で栽培をしています。

自然栽培米 旭×亀の尾手植え
写真:永岡 正さんの旭×亀の尾の一本植え

今年は、旭×亀の尾を一本植えで手植えをしました。

30㎝×30㎝の広めの間隔で一本植えで
稲にとっては、明るく風通しの良い気持ちの良い空間になります。

旭×亀の尾一本植え開帳型
※一本植え後、約40日後の旭×亀の尾

広い間隔で一本植えした際に見ることができる
稲の開帳型(扇形に広がる形)の姿が見ることができます。

農薬や肥料を使用せず
稲の生育にとって気持ちの良い環境を作ると
稲自身が自分の力で元氣よく育っていきます。

私達は、
自然栽培米を食べた人が、元氣になり活力に溢れてほしいと思っています。
そのためには、
稲自身が元氣に活力溢れて育つことが重要だと考えています。

昔のように肥料を使用しないことで栽培できる
元氣に気持ち良く育った【旭×亀の尾】の味を体感して頂きたいと思います。

【旭×亀の尾】の発芽

永岡 正さんは、自然栽培米【旭×亀の尾】を育てていますが
【旭×亀の尾】は、発芽力が高さに特徴があります。

【旭×亀の尾】の発芽実験をしました。
※種籾の発芽は生理上15℃以上必要と言われていますので
冬の室内でも15℃以上の所で水に浸けて下さい。

【旭×亀の尾】玄米の発芽力を見るために
7日間水に浸け、一般のヒノヒカリと比較をしてみました。

旭×亀の尾とヒノヒカリ発芽比較

一般のヒノヒカリもほとんど発芽はしておりますが
(画像が小さく見にくいかもしれません)
【旭×亀の尾】の方が、発芽に勢いがあります。

日本の在来種である旭や亀の尾の方が
発芽する力が強いのかもしれません。

また、
私達がお届けする【旭×亀の尾】は、
現在の品種改良された甘味や粘りのあるお米ではなく
あっさりしたお米です。

粒感もしっかりして、
昔ながらに硬質で噛んで食べるお米となっております。

永岡さんが仰った
「【旭×亀の尾】は、始めはあっさりとして、物足らないなと感じていたけど、食べ続けると、自分の体がこのお米を求めているのが分かり、これほど食べたいと思ったお米はない」というのは、【旭×亀の尾】が昔のお米の特徴を引き継いでいるためだと思います。

自分の体を通して、
主食のお米の重要さを実感している自然栽培米農家の永岡さんより
【旭×亀の尾】をお届け致します。

永岡自然栽培米【旭×亀の尾】をお届けいたします

【平成29年度産 熊本県 永岡自然栽培米【旭×亀の尾】】

永岡自然栽培米旭×亀の尾

    5分/8分/白米
5キロ  5,400円 (税込)
10キロ  10,450円 (税込)  
20キロ   20,600円 (税込)
30キロ   30,800円 (税込) 準備中

※今年度は、5分搗き/8分搗き/白米でのご提供となります。
※自然栽培歴10年以上の田んぼで育ったお米をお届けします。
※送料の関係上、一回の注文は30kgまでとさせて頂きたく、よろしくお願い致します。
※配送は、ゆうパックで配送致します。

※ご注意
本サイトは、米農家からの直送としております。
生産者より直送するために生産者ごとに送料が発生します。

平成29年度永岡自然栽培米【旭×亀の尾】年間契約受付開始!

【平成29年度産 熊本県 永岡自然栽培米【旭×亀の尾】】

ページのトップへ戻る

3つの秘密

お問い合わせ

生産者カテゴリー

  • 生産者:冨田 親由
  • 冨田自然栽培味噌
  • 冨田自然栽培雑穀米
  • 冨田自然栽培米煎餅
  • 冨田自然栽培麺類
  • 冨田自然栽培人参ジュース売切れ

  • 生産者:小池 祐生 
  • 小池自然栽培米
  • 生産者:川﨑 眞志男 
  • 川﨑自然栽培米 
  • 生産者:永岡 正 
  •  
  • 生産者:平田 真佐光 
  •  
  • 生産者:山野 幸司 

新着情報

平成29年度米年間契約

人気ランキング

自然栽培米動画

当店の自然栽培米特徴

店長アツユキの頭の中

メニュー

会社概要



HOME - ■商品一覧■ - ■お客様の声■ - ■プロフィール■ - ■なぜ七城米■ - ■おいしい米情報■