筋田自然栽培もち米|滋賀羽二重糯

筋田自然栽培米滋賀羽二重糯テキスト

日本のもち米の中でも最高級のもち米といわれている【滋賀羽二重糯】(しがはぶたえもち)を無農薬・無肥料の自然栽培で作られている農家の方がいます。

福岡県遠賀郡遠賀町の自然栽培米農家、筋田晃司(すじた・こうじ)さんです。

筋田さんは、父親の靖之さんから自然栽培を受け継ぎました。靖之さんの「持続可能な農業を次世代にも繋いでゆきたい」という想いを継ぎ、未来を担う子どもたちのために自然栽培の道を歩まれています。

筋田さん親子が大切に守り育ててきた自然栽培米もち米【滋賀羽二重糯】を、お正月のもちや赤飯、おこわなどの料理にお役立てください。

滋賀羽二重糯購入はこちら

自然栽培米もち米【滋賀羽二重糯】とは

田んぼの前に立つ筋田さん

昭和初期に誕生した滋賀羽二重糯(しがはぶたえもち)は「日本一美味しいもち米」と言われているもち米です。

味・粘り・香り・ツヤともに最高の評価を受け続け、昭和27年からは天皇に正月用のもちとして献上されてきました。

その美味しさと歴史から「幻のもち」として大変人気で、老舗の高級和菓子店でも使われており入手困難とも言われている滋賀羽二重糯。しかし栽培においては、難点があります。背丈が高いため倒伏しやすく、その上、穂がこぼれやすいという昔のお米の特性を備えているからです。

筋田さんはこの滋賀羽二重糯を、無農薬・無肥料の自然栽培で作られています。無農薬・無肥料で育つ稲は、非常に強い生命力を備えています。農薬や肥料の力に頼らず、稲自らが大地に根を張るので力強く育つのです。

滋賀羽二重糯は、昔の栽培方法である無農薬・無肥料の自然栽培でこそ、本来の美味しさを引き出せるもち米だと考えています。

自然栽培米もち米【滋賀羽二重糯】を作るきっかけとは

筋田さん親子は、15年以上自然栽培に取り組まれていますが、父・靖之さんは30年以上前から無農薬栽培に挑戦してきました。

靖之さんは「農薬を使用すると、生産者自身が農薬被害に遭う危険性が非常に高まる」ことを知ったことがきっかけで、福岡県遠賀町で無農薬栽培の推進活動に力を注いできました。人体だけでなく生態系の影響も考え、15年以上前から自然栽培を開始。

筋田家ではこれまで30年以上にわたり、多種類のもち米を作り続けてきました。

しかし今もなお作り続けているのは、この「滋賀羽二重糯」のみです。

自然栽培米滋賀羽二重糯を育てているのは「より美味しいお餅を皆様に食べてほしい」という想いからでした。滋賀羽二重糯の本来の美味しさを引き出すため、もち米では非常に稀有な自然栽培かつ天日干しをしております。

自然栽培もち米【滋賀羽二重糯】の特徴

田んぼの前に立つ筋田さん

自然栽培の道を歩み続けてきた筋田さん親子には「お米が持つ本来の生命力を引き出し、持続可能な農業を次世代に継いでゆく」という想いがあります。

筋田さん親子が感じていることは、稲の栽培は子育てと同じということです。

稲も、甘やかして育てると弱くなり、厳しく育てると逞しくなる。

晃司さんは、無農薬・無肥料という厳しい環境で育った稲は、自立した強い稲に育つと考えています。

このように「稲が本来持っている生命力を引き出し、自立した稲に育てることが自分の役目」だと晃司さんは言います。

未来を担う子どもたちに安心安全なお米を食べてもらい。そして持続可能な農業である自然栽培の大切さをより広く知ってもらいたい。

筋田さんの自然栽培もち米作りには、このような想いが詰まっています。

神聖なお餅を自然栽培かつ天日干しをした最高ランクといわれる「滋賀羽二重糯」をご堪能ください。

筋田自然栽培もち米【滋賀羽二重糯】のご購入はこちら

筋田自然栽培もち米(滋賀羽二重糯)

筋田自然栽培米もち米

30年間もち米を作り続けてきて、唯一今も作り続けている筋田自然栽培もち米「滋賀羽二重糯」です。

日本一美味しいといわれるもち米の一種です。80年以上も前に作られた品種ながら、現在でも香り、ツヤ、色、粘りどれをとっても最高ランクに位置すると言われているもち米です。

自然栽培で作り上げる珍しいもち米「滋賀羽二重糯」をぜひご堪能ください。

※お値段は税込価格

もち米(白米)
2キロ 2,350円
5キロ 5,850円
10キロ 11,500円

売切れ

電話注文バナー営業時間:平日9:00 - 17:00対応
※電話でのご注文の場合のお支払方法は「代金引換」となります。 NP後払いをご希望の場合は別途250円となります。
※営業時間外のお問い合わせは下記よりお願い致します。 ⇒お問い合わせはこちら