植田秀幸自然栽培米森のくまさん|子ども達に愛されるお米

植田自然栽培米トップ画像

熊本県玉名市の植田秀幸さんは、自然栽培を15年以上続けている米農家です。

植田さんは、ご自身が大病を患った経験から、「体に良い本物の食」と「農業の在り方」を追求し、無農薬・無肥料の自然栽培米作りにたどり着きました。

現在は、未来の子ども達に食の安全を守るために、近隣の保育園・幼稚園にも自然栽培米をお届けしています。

健康な体作りに役立てて欲しいという植田さんの想いがつまった自然栽培米を、ご賞味ください。

植田自然栽培米購入はこちら

自然栽培米作りを志すきっかけは自身の大病

植田さんと稲

植田さんはもともと、慣行栽培でお米を作られていました。農薬使用に何の疑問を抱くこともなく、効率性重視の大規模農業を営んでいたのです。

そんな中、50歳のときに転機が訪れます。心筋梗塞を患ってしまったのです。植田さんは、入院生活の中で「人生の中で本当に何が大切なのか」と自問自答を繰り返し、「自然に即した生き方」という答えにたどり着きました。

そして、「自然に即した農法こそが自分の歩むべき道だ」と信じ、自然栽培を志したのです。

自然栽培は、大病を患ったからこそ自ずと導かれた道でした。重視するのは、量よりも質。それまでとは世界が180度変わりました。

自然栽培米作りのヒントは江戸時代の農業から

植田自然栽培米の色比較

※右側:植田自然栽培米(稲の色が濁っていなくて美しい)

植田さんが自然栽培米作りに取り組むときヒントにしたのは、無農薬・無肥料が当然だった江戸時代の農業でした。

肥料を含まない土から育った作物は、非常に強い生命力を持っています。これは、自然と人間の共通原則といえるでしょう。

私たちは植田自然栽培米の発芽実験を行いました。

植田自然栽培米発芽実験

上の写真は、浸水後9日後の玄米です。しっかり芽を出しているのを確認できました。

私たちは、そのような生命力のあるお米を食べて頂きたいと思っています。

幼稚園の子ども達に愛されている自然栽培米

植田さんと幼稚園児

自分の体に農薬を入れたくないという想いで、まずは、自分のために自然栽培米を作ってきた植田さんですが、現在は近所の幼稚園の子ども達も植田さんの自然栽培米を食べています。

それは、一生を通じて次世代を担う子どもたちの健康のため、そして自然栽培という素晴らしい農業の世界を遺したい、という想いからでした。

植田さんはよく言います。
「子ども達は、本物の食べ物の味がよく分かっている。だからきちんとした食べ物を作りたい」

子ども達に美味しいと言ってくれることが、植田さんの自然栽培米作りの原動力となっています。

植田自然栽培米森のくまさんのお値段

植田自然栽培米森のくまさん

植田自然栽培米森のくまさん

熊本県玉名市で江戸時代の農法にならい無農薬・無肥料で育てた植田自然栽培米。

植田さんは自身が大病を患い、それを乗り越えた経験から食への追求がはじまり、「次世代の子供たちへも食べてもらいたい」という想いのもと作り続けている心の籠ったお米となります。

自身の体験を通じ、自分のお米を健康的な体作りに役立ててほしいという想いのもと自然栽培の道へと歩んできた植田さんが作り上げた植田秀幸自然栽培米「森のくまさん」をご堪能ください。

玄米・7分・白米
5キロ 5,250円
10キロ 10,250円
20キロ 20,450円

売切れ

※毎週土曜日発送となっております。
木曜日16時までのご注文を土曜日に発送を致します。
(事前にご注文をして頂き、到着日時指定等も可能です)
※送料の関係上、1個口の発送は20kgまでとなります。

電話注文バナー営業時間:平日9:00 - 17:00対応
※電話でのご注文の場合のお支払方法は「代金引換」となります。 NP後払いをご希望の場合は別途250円となります。
※営業時間外のお問い合わせは下記よりお願い致します。 ⇒お問い合わせはこちら