人間と植物の呼吸|自然の教え

熊本県七城町 自然栽培米 ~安心安全の米を直送!

   

HOME > ■自人間と植物の呼吸|自然の教え■ 

矢印人間と植物の呼吸|自然の教え

植物には、光合成という働きがあり有名ですよね。
大気中の二酸化炭素を吸い、酸素を出す活動です。

二酸化炭素 + 水 ⇒ デンプン + 酸素

葉緑体の中で太陽光のエネルギーを受けて
この反応をするわけです。

同時に
植物も人間と同じように呼吸をします。

デンプン + 酸素 ⇒ 二酸化炭素 + 水 +エネルギー

呼吸は、人間と同じように光エネルギーを必要とせず
デンプン、糖だけでなく、脂質やアミノ酸などを利用できるようです。

植物も人間も呼吸は独自のDNA(ミトコンドリアDNA=mtDNA)を持つ
細胞小器官であるミトコンドリアで行われています。

光合成と呼吸は、逆の働きがありますね。

植物の呼吸

植物体の呼吸を見てみると
乾燥ストレスを受けた時は
呼吸は低下している。

乾燥ストレス時、植物体内で糖を蓄積されることが分かっており、
総光合成産量が低くても、同時に葉の成長が抑制され、呼吸も低下し
葉内で相対的に光合成産物の量が高まっているようである。

これにより葉を守っているのである。

低温ストレスでも光合成及び呼吸活性は減少するようです。

光合成産量より呼吸量が上回るのは
二酸化炭素濃度が低い時と高温時の時であるようです。

高温時には
植物の代謝が盛んになると同時に呼吸は盛んになり
光合成も活発になりますが、呼吸の方がより高温で活発となります。

呼吸は、植物が蓄えていた栄養分を消費することになるので
結果として栄養失調となります。

人間の呼吸

植物は、移動できないために
人間より環境ストレスを受けています。

呼吸量も環境により変化させて対応しているのですね。

植物では、高温になり過ぎると
呼吸量が大きくなり、栄養失調状態となります。

人間の場合はどうでしょうか?

私達は、
無意識に生体を維持しています。

免疫システムもそうですが
心臓の動きも無意識ですね。

呼吸も無意識にしていますが
呼吸の動きは、意識的にコントロールができます。

植物の呼吸量は
温度が高くなると増えてきて、
ある一定温度を超え呼吸量が多くなりすぎると、生体の危機となります。

私達は
温度が高くなってくると
呼吸がはぁ、はぁと速くなってきますが
涼しい所に移動できるので避けることができますね。

でも、
精神的にストレスを受けた時はどうでしょうか?

精神的ストレスを受けた時も呼吸が速くなりませんか?

私も大きなストレスを受けているときに
ふっと、自分の呼吸が速くて乱れているのに気付いたこともあります。

私達がコントロールできる呼吸は、
意識的に整えることが可能です。

呼吸が速くなっているときに
あえてゆっくりと大きく深く呼吸をしてみると良いですね。

自分の呼吸が速く乱れているときは
自分の呼吸が自分以外の要因に奪われているのかもしれません。
人に呼吸を奪われているのか。
不安に呼吸を奪われているのか。

自分の呼吸を取り戻しましょう。

植物が呼吸が速くなり生命の危機に至ってしまうように
私達も呼吸が速くなることに危機感を持っていた方が良いかもしれません。

自分の呼吸ペースを他の人に奪われないように
意識して自分の呼吸をしましょう。

自然栽培米(農薬や肥料を一切使用しないお米)はこちら



HOME - ■商品一覧■ - ■お客様の声■ - ■プロフィール■ - ■なぜ七城米■ - ■おいしい米情報■

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ - 送料について - お支払いについて