稲本薫の自然栽培米稲本1号・あきたこまち

熊本県七城町 自然栽培米 ~完全無農薬・無肥料栽培のお米を直送!

HOME > ■稲本薫の自然栽培米稲本1号・あきたこまち■

稲本薫の自然栽培米稲本1号・あきたこまち

稲本自然栽培米トップ画像
稲本自然栽培米テキスト
稲本さん顔写真

稲本 薫(いなもと・かおる)
自然栽培歴:35年以上

生産地:熊本県八代市

1977年:無農薬栽培でお米作りを開始。
1983年:無農薬・無肥料の自然栽培に取り組む。


熊本県八代市で今から35年以上前
無農薬のお米の栽培にたった一人で挑んだ農家の方がいます。

今や八代市を代表する自然栽培米農家、稲本薫さんです。

稲本さんは「人の体は自分が食べたものでできている」と考え
「米粒の細胞がしっかりした米が健康な体作りに重要である」と考え、体に優しい無農薬・無肥料の自然栽培米を作られています。

稲本さんが無農薬・無肥料の自然栽培米にかける想いと
35年以上かけて生まれた無農薬・無肥料の力強い遺伝子がつまった
稲本自然栽培米についてご紹介します。

稲本自然栽培米はこちら

【目次】

1.35年以上前に一人で始めた自然栽培米作り
2.熊本地震で生き残った奇跡のお米
3.稲本薫が届けたい自然栽培米とは!
4.令和二年度稲本自然栽培米のご購入はこちら

35年以上前に一人で始めた自然栽培米作り

    

稲本さんと田んぼ

熊本県八代市で安心の玄米を作りたいと
自然栽培歴35年以上になる自然栽培農家稲本薫さんがいます。

自然栽培を始めた時
周りの農家さんは農薬を使用する慣行栽培だけでした。

そんな中、稲本さんは、たった一人で自然栽培米作りに挑んだのです。

始めたばかりの頃は、苦難の連続でした。
雑草が生え、収量が少ないことも多々あり、
自然災害によって、田んぼ一枚の稲がすべて枯れたこともありました。

稲本さん以外に無農薬でお米を作っていた農家は誰もなかったので
周囲からの厳しい批判にされされることもありましたが
「安心安全のお米を作りたい」という想いで自然栽培の道を突き進んできました。

稲本さんが考える健康の秘訣は
糠の付いている食べ物を摂ることです。
※糠は「米」に健康の「康」

稲本玄米

たからこそ、無農薬でお米を作る必要があったのです。

稲本さんは新聞で、これまでの自然栽培の経験を執筆もされてきました。

稲本さんの新聞

それほど米は昔から
私たちの体を丈夫にするパワーが秘められているとされていたのです。

長年、自然栽培に携わったことでその力と素晴らしさを体感した稲本さんは

本を出版したり、新聞に投稿したり
熊本県の農業学校の講師として教鞭を執る
などし
今も自然栽培の伝播に尽力しています。

稲本さんの本

熊本地震で生き残った奇跡のお米

稲本1号

稲本さんが自然栽培で作っているお米は、あきたこまちです。

稲本さんは、このあきたこまちを25年以上自家採種してきました。

自家採種を続ける中で、
稲本さんは、さまざまな特性が出ていることに薄々と気付いていました。

この特性を知る一つのきっかけは2016年に起きた熊本地震でした。

地震のとき湧き出た地下水により
稲本さんの田んぼ塩害被害に遭い壊滅状態になりました。

途方に暮れた稲本さんでしたが、わずかに生き残った稲を発見!
種採りをして育ててみたところ、周りの稲とは全く異なる
独自のあきたこまちに生まれ変わっていたのです。

稲本玄米

稲本さんは、この独自のあきたこまちを「稲本1号」と名付けました。

【動画で分かる「あきたこまち」と「稲本1号」の違いとは!?】

「あきたこまち」は、コシヒカリを親にもっており
コシヒカリの美味しさを引き継いでいる一方コシヒカリよりも粘りは控えめです。
自家採種を続けている「あきたこまち」なので、稲本独自の味わいのあきたこまちとなっております。

「稲本1号」は、あきたこまちよりもあっさりして優しい味わいの玄米です。
自家採種の自然栽培米を食べて続けてきた方ならば気に入って頂けると思います。
多くの方にご好評を頂いてる優しい味わいの「稲本1号」をお楽しみ下さい。

稲本薫が届けたい自然栽培米とは!

稲本腐敗実験

自然栽培米の特徴は米粒の細胞がしっかりしていることです。

上の写真は、10年以上、水に漬けた状態です。
稲本さんの自然栽培米は、お米の粒が崩れることなく今もなお形を保っています。

「人の体は、自分が食べたものでできている」と稲本さんは考えています。

細胞がしっかりした自然栽培米は
健康で丈夫な体作りのために重要な主食
となるでしょう。

安心の玄米を追求する稲本さんが
自然栽培に挑戦したきっかけを伺いました。

【稲本薫が自然栽培米作りを始めたきっかけとは!?】

私たちは生命力のある自然栽培米をお届けしたいために
稲本自然栽培米で発芽実験をしました。

稲本自然栽培米の発芽1日目

浸水して1日の状態です。
胚芽部分が膨らんでいるが分かります。発芽を介している状態です。
玄米で食べられる方は8-12時間ほどの浸水で大丈夫です。

稲本自然栽培米の発芽3日目

浸水して5日後の状態です。
芽がしっかり出てきているのを確認できます。

自然栽培で育てられた食べ物は人を健康にし
さらには地球も美しくします。

無農薬・無肥料の自然栽培が広まると
地球環境が回復し、生き物が田んぼに戻ってくるのです。

稲本さんは、生命力のある自然栽培米を食べてもらうことで
食べた方が健康で丈夫な体になることと
美しい環境を取り戻すことを目指して日々取り組んでいます。

稲本自然栽培米を皆様の食卓で楽しんで頂ければと思います。

稲本玄米ご飯

【令和二年度産 自然栽培米稲本1号、あきたこまち】

【稲本自然栽培米 稲本1号】

稲本自然栽培米

    玄米
10キロ  9,850円
20キロ  19,650円
30キロ  29,450円
 
 

※30kg単位、玄米のみの発送となります。

【稲本自然栽培米 あきたこまち】

稲本自然栽培米

    玄米
10キロ  9,850円
20キロ  19,650円
30キロ  29,450円
 
  準備中

※30kg単位、玄米のみの発送となります。

※ご注意
本サイトは、米農家からの直送としております。
生産者より直送するために生産者ごとに送料が発生します。

【自然栽培米 年間契約をご希望の方へ】

自然栽培米の年間契約を下記よりご案内しております。


⇒年間契約のお申込みはこちら

年間契約にお申込み頂くと一年間のご必要量を確保いたします。お米の保存に最適な環境で保管しますので一年中新鮮なお米をお楽しみ頂けます。

ページのトップへ戻る

3つの秘密





商品から選ぶ

  • 冨田自然栽培味噌
  • 冨田自然栽培雑穀米
  • 冨田自然栽培小麦粉

販売中の自然栽培米

当店の自然栽培米特徴

年間契約ご案内

自然栽培米動画

  • 自然栽培米動画
  • ※共感頂けましたらチャンネル登録お願い致します。 

Facebook

Instagram

店長アツユキの頭の中

メニュー

会社概要

■ナチュラルスタイル■

住所:〒869-0101
熊本県玉名郡長洲町
宮野1103-8




HOME - ■商品一覧■ - ■お客様の声■ - ■プロフィール■ - ■なぜ七城米■ - ■おいしい米情報■